そろそろシニアなの?シニア犬に適したドッグフードの選び方

犬は、私たち人間よりも早く年をとり、平均して13歳前後で寿命を迎えます。つまり、私たちがまだ若いと思っていても、実際にはシニア期を迎えているということでもあります。

また、シニア期の健康を支える上で必要不可欠なのが、シニア期用のドッグフードです。毎日の食事で健康をサポートし、より良いシニアライフへと導いてあげることが必要なのです。

犬は何歳からシニア犬になるの?

犬は、私たち人間と違い、生後12ヵ月で人間の17~18歳まで成長し、1歳半を過ぎる頃から1年に4歳年をとっていきます。そのため、小・中型犬で9~10歳、大型犬で7歳、超大型犬になると5~6歳でシニア期を迎えてしまいます。

基本的に、大型犬は寿命が短く、小型犬の方が長いと言われていますが、生活環境やその子の体質などにもよって異なるため、絶対ではありません。

また、シニア期を迎えた愛犬に少しでも元気で長生きしてもらうためには、日々の食事管理も大切です。そのためは、シニア犬にはシニア期用のドッグフードを与えるようにしましょう。

シニア期になったらドッグフードを切り替えよう

シニア期を迎えたら、シニア期専用のドッグフードを与えるようにしましょう。

よく、シニア期を迎えた日に、ドッグフードを切り替えた方が良いのか?という話を耳にしますが、必ずしもそうではありません。

今与えている成犬用のドッグフードがなくなる時を期に切り替えれば問題ないので、あまりきっちりと行わなくても大丈夫です。

また、ドッグフードを切り替える際は、7~14日間ほど時間をかけ、毎日1割ずつ新しいフードを混ぜながらゆっくり切り替えることが大切です。

なぜなら、シニア期用のドッグフードは、成犬用に比べて嗜好性が少し落ちていることが多いため、いっぺんに切り替えたり、ドッグフードのバランスを適当に行ってしまったりすると、切り替えがうまくいかず、シニア期用のドッグフードを食べてくれない可能性もあるからです。

また、中には動物病院で指定された療法食を与えている飼い主さんもいるでしょう。

その場合は、病気の治療が最優先になりますので、療法食をやめてまでシニア期用のドッグフードに切り替える必要はありません。もし、心配であれば動物病院に相談してみると良いでしょう。

どのようなドッグフードが良いか?

ドッグフードには、以下に挙げる種類があります。

総合栄養食

そのドッグフードと水があれば、1日に必要な栄養素を摂取することができるため、健康維持はもちろん栄養バランスの取れた主食が総合栄養食です。そのため、毎日の主食として与えるドッグフードは、総合栄養食を選ぶようにしましょう。また、総合栄養食はさらに下記のタイプに分類されます。

ドライフード

水分含有量が10%以下で、栄養価が高く保存性に優れています。カリカリとした食感で、パピーからシニアまですべてのライフステージで与えることができます。

ウェットフード

缶やレトルトパウチで販売されており、水分含有量が75%程度とやわらかくて嗜好性も高いのが特徴です。

セミモイトフード

水分含有量が25~35%程度と硬すぎず柔らかすぎずといった食べ応えのある食感です。この食感が好まれ、ウェットフード同様に嗜好性が高いのが特徴です。

間食

おやつや、総合栄養食と記載されていないフードなどが間食と言われます。総合栄養食ではないため、与えすぎないようにしましょう。

目的食

病気治療を目的とした療法食、サプリメントなどが目的食と呼ばれます。療法食は総合栄養食には分類されていませんが、必要な栄養素は十分に摂取できるように設定されているので、特に問題はありません。

シニアに適したドッグフード

シニア期に与えるドッグフードとしては、やはり総合栄養食が望ましいです。

また、総合栄養食でもドライ・ウェット・セミモイストと3つのタイプがあります。

基本的には、ドライフードを与えていれば問題ありませんが、うまく噛めない子やドライは食べてくれないなど悩みは様々です。そのため、愛犬に合ったタイプを与えるようにしましょう。

様々なタイプのオススメフード

ブッチドッグフード(チルド型)

公式サイト

チキン・ビーフ・フィッシュなどの動物性タンパクを約80%で構成されているため消化吸収の負担が最小限のお肉が主体のフードです。

ブッチのチルドフードは、本来の犬の消化性を考慮したフードですので、ドライフードよりも消化性が高く、ドライフードよりも犬にとって負担の少ないフードと言えます。

さらには、AAFCOという米国の機関が定める犬の栄養基準を満たしている『総合栄養食』ですので、栄養的な問題も気にせず食べさせることができます。

もちろん、原材料はニュージーランドのヒューマングレードで品質も問題ありません。さらには、ブッチは炭水化物源がほぼ入っておらず、より犬本来の食事に近い組成と言えます。

情報元:ブッチドッグフードを専門家がレビュー

K9ナチュラル(フリーズドライ)

公式サイト

K9ナチュラルはニュージーランド産で、人間食用に育てられた生肉のみを使用しています。生肉は食肉工場で処理されてニュージーランド政府公認の検査機関で検査を受けた肉のみを使用し、安全性の高い肉を使用しています。

本製品の最大の特徴は「ラムを丸ごと一頭、フリーズドライにしているフード」だということです。そのため、原材料には肉の表記だけでなく、「血」や「骨」と言った他のフードではあまり見かけない表記がされています。

また、他のドライフードのほとんどが、タンパク質をはじめとした栄養成分の熱による変性が生じるのに対して、本フードはフリーズドライ製法によって、それら熱による変性を防ぐことができます。

情報元:K9ナチュラルを専門家がレビュー

モグワン(ドライフード)

公式サイト

モグワンは食いつきが良いフードを目指して開発された、食いつきと健康を考えたドッグフードです。

「高くて安心できるドッグフードを食べてくれない」、「添加物が多いドッグフードは上げたくない」という悩みを抱えた飼い主さんにはおすすめです。

原材料は、本来肉食である犬が消化しやすいと言われている動物性タンパク質『チキンとサーモン』を豊富に使用しています。そして犬にとって消化に負担がかかると言われている穀物類を不使用とした『グレインフリー』のドッグフードです。

さらに原材料の品質も人間が食べられるレベルの『ヒューマングレード』を原材料にしています。製造工場も、国際規格に準じた製造管理を行っており、一般的なドッグフードと比べるとかなり品質の高いドッグフードだと考えられます。

情報元:モグワンを専門家がレビュー

商品選定の参考ページ:シニアにおすすめのドッグフードを専門家が選定

シニア犬の食事方法

シニア期になると、胃腸の適応能力も低下してきます。そのため、消化機能が低下していると感じた場合や肥満傾向にある場合は、1日に1~2回ではなく、1日3回程に回数を増やし、少しずつ与えるようにすると、負担がかかりにくくなります。

また、年齢を重ねるごとに、味覚や嗅覚の衰えや歯周病などによりドライフードを好んで食べなくなってしまうことがあります。その場合は、無理してドライフードを与え続けるのではなく、ドライフードをお湯でふやかす・ウェットフードに切り替える・フードをレンジで少し温めるなどの工夫をして、愛犬が少しでも食べやすいようにしてあげることが必要となります。

シニア期になると、犬も私たち人間と同じように、色々な病気にかかりやすくなる・関節が弱くなる、介護が必要になるなど、様々な問題を抱えるようになります。その中でも、日々の食事は、健康維持や病気の進行を防ぐためにもとても必要な手段なのです。

愛犬に少しでも長く元気で健康でいてもらうためにも、シニア犬にはシニア期用のドッグフードを与え、毎日の生活をサポートしてあげましょう。